おもしろ

【岐阜】隣家でBBQの男性を殺害した男に判決!!!→「アスペルガー症候群」を考慮した結果・・・・・

投稿日:

20140915234427

1 2018/10/10(水) 20:32:16.04 ID:CAP_USER9

隣家でバーベキューの男性を包丁で殺害 男に懲役15年の判決 岐阜地裁

去年、岐阜県瑞浪市で、バーベキューをしていた男性を包丁で刺して殺害し、殺人の罪などに問われた男の裁判員裁判で、岐阜地裁は、男に、懲役15年の実刑判決を言い渡しました。

起訴状などによりますと、瑞浪市陶町の無職、野村航史被告(27)は、去年5月、隣の家の庭先で友人とバーベキューをしていた会社員の大脇正人さん(当時32)の腹部を、包丁で刺して殺害。

野村被告を取り押さえた43歳の男性にもけがをさせたとして、殺人と傷害の罪に問われ、野村被告は、起訴内容を認めていました。

10日の判決公判で、菅原暁裁判長は、「包丁で腕を貫通させるなど、犯行の危険性は高く、強い殺意があった」と述べる一方で、「こどもの声を止めようと、包丁を持ち出した行為には、アスペルガー症候群が大きく影響していて考慮が必要」とし、懲役25年の求刑に対し、懲役15年の実刑判決を言い渡しました。

https://hicbc.com/news/detail.asp?id=000483F9


続きを読む

Source: エクサワロス

-おもしろ

Copyright© モルモット速報 , 2018 All Rights Reserved.