リストラ、不況、当てにならない年金この時代を乗り切るには

セルフ・ベーシックインカムがあなたを救う!

ネットビジネス

2000万円不足問題?いやいやホントは5000万円

投稿日:

ErikaWittlieb / Pixabay

国民年金だけでと老後資金不足はなんと五千万円以上になるという事を皆さん知ってますか
多分知らないですよね
世間を今賑わしている二千万円足りない問題というのはどういうものかというと

金融庁がこんなと言いました65歳で退職をする場合
厚生年金の場合だとだいたいまあ普通に考えて2000万円から3000万円くらい
不足しますよと
なのでまぁ厚生年金や国民年金、そういう年金制度だけを頼りにするんじゃなくて
自分たちで資産運用してねということを金融庁が
いったわけです

これまあ皆さんどう思うかまぁちょっと無理ゲー感ありますね今
これだけ経済状況が悪い中で、しかも貯蓄をしろってかなり厳しいですよね
今回の年金について詳しい方のピンと来たかと思いますが
注意点として、この今回の金融庁が発表した資料などの資産というのはね
厚生年金なんですよね、厚生年金。
これ何かというサラリーマンの人が加入している
年金です。
でも一方でフリーランスやってますという方は
国民年金のみだと思います。
なのでこの国民年金のみの場合だと、じゃあどうなるか
ということを考えてみます。
これ考えていると結構ビビるんですがざっくりとですけど
なんと5000万円ぐらい老後資金は不足します。

65歳でリタイヤをしようと思って国民人気で暮らしていこうとするとなんと引退後に
5000万円くらいのお金がないと引退できません
まじでっ!て感じますよね。
でもこれマジです。これはやばくねって感じますよね。でもこれみんな知らないんじゃないかな
特に国民年金を払っている人たちはほとんど知らないような気がするんですよね

年金受給者は老後5000万円足りないという現実を受け
なぜ議論しない!ということを語られています。大問題なのは今回金融庁が
政府受け取り拒否をしたようなことを野党も追求していますがこれは基本的に厚生年金
受給者の話なのです
今入った話ですねですが今どんどん増えている国民年金受給者
はさらに月額の年金収入が15万円くらい低いのです
かりに10万低いとして1年生きるためには老後1年間120万いるわけですという
感じでまぁ結果的には5000万以上足りなくなるということですね
なぜか厚生年金の人たちだけをターゲットにした議論になっているけれども
国民年金しかもらってない人は完全に今回の議論でも置いてけぼりになっているという
ことを指摘しています。

飯田さんというまた別の学者の方はコメントしますが
元々自営業者とか生活の足しというところが国民年金の建前だったからということで
基本的に国民年金というもの自体がまあ自営業者の方のまあ老後の小遣いみたいな感じ
で始まったからまあそうなるのもしかたないかなという感じですね。

掛け金も少ないしまー受給額も少ないっていうのはねまぁそれはそうなんですけどそこ
らへんもなんか忘れられているよねっていうところがね結構ありますよね。
で今、その国民年金の加入者どのくらいかという1500万人ぐらいです何でこれを

基本的にやっぱり厚生年金払ってる人の方が多い
、サラリーマンのターゲットの方が全然多いんですが
国民年金だけしか払ってない人も結構なボリュームでいるということですね。
なのでまぁ今回の議論の中で国民年金受給者の人たちはもう老後を生きていこうこするとすごいお金が必要なのに
そのことはニュースで語られていないということです。

-ネットビジネス

Copyright© セルフ・ベーシックインカムがあなたを救う! , 2019 All Rights Reserved.